埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科 | 硬膜動静脈瘻

対象疾患
硬膜動静脈瘻

・硬膜動静脈瘻とは:

 脳血管には、心臓から脳や脳周囲の組織に血液を送る「動脈」と、脳に栄養を与えた血液が心臓に向かって流れる「静脈」があります。脳からの静脈は、脳を包む「硬膜」と呼ばれる膜を通って脳の外に出るときに、「静脈洞」という太い血管を形成します。この静脈洞の部分では、なぜか動脈と静脈の間に穴が開いて(瘻孔)つながってしまうことが時々起きてしまいます。この病態を「硬膜動静脈瘻」といいます。

・症状:

 圧の高い動脈から圧の引く静脈洞に血流が流れ込むと、静脈洞の圧が高くなり、本来なら心臓に戻ってゆく静脈に逆流が起きるようになります。この逆流が原因で症状がでます。逆流の起きる場所と程度によって症状は様々です。眼の静脈に逆流することもよくあり、その場合は眼の充血・ものが2重に見える・視力低下などの症状があり、重症の場合には網膜に負担がかかって失明する場合もあります。脳の静脈に逆流すると脳の循環障害が起きて、手足の麻痺・感覚障害・認知症状・痙攣・意識障害が起こり、重症の場合には脳梗塞や出血を来たすこともあります。治療が遅れると、生命にかかわることや、重篤な後遺症を残す場合もあります。血液の短絡でジェット流が生じるため、心臓の鼓動に合わせた、ザーザー、シャーシャーといった耳鳴りが聞こえることも少なくありません。

・診断:

診断は、MRI(血管をみるMRAという撮影方法が必要です)でほとんどの場合診断がつきます。目の充血強い、物が2重に見えるといった症状があり、眼科にかかっても原因がはっきりしない場合には、頭部MRI検査をお勧めします。心臓の鼓動に合わせた耳鳴りがある場合も、一度頭部MRIを撮影してください。症状のない状態でも、出血の危険性が高い場合があります。
 

・治療:

 治療をせず放置した場合、初期のものでは自然に治る例もみられますが、病気が進行して失明・脳出血などの重篤な後遺症を来たす場合も多く認めます。一旦症状が出てしまうと、回復しない場合もあるため、すでに症状がある場合や、症状がなくても脳や目に血液の逆流がある場合には、治療をしたほうがよいとされています。
 治療法には
1)血管内治療(短絡部位の塞栓) 
2)開頭手術(罹患部位の切除等) 
3)放射線治療(サイバーナイフ) 
があります。一般には血管内治療(カテーテル治療)が第一選択とされ、当院でもほとんどの症例に血管内治療が行われていますが、必要に応じて開頭手術も放射線治療も行っており、多様な病態に対応できる体制が整っています。当院では、2007年の開院以来、120例を超える硬膜動静脈瘻の治療を行いました。これは世界的にみてもトップクラスの症例数です。

硬膜動静脈瘻の血管内治療前(左)と治療後(右)

硬膜動静脈瘻の血管内治療前(左)と治療後(右)


硬膜動静脈瘻の血管内治療前(左)と治療後(右)。治療前には静脈洞(*)に動脈(↑)からたくさんの細い血管がもやもやと伸びて血液の短絡が起きていますが、カテーテルを使って静脈洞に細いプラチナワイヤーを詰めることにより(▲)、異常な血管がすべて消えて、治癒しました。
ページの先頭へ トップページへ