埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科 | 脳梗塞

対象疾患
脳梗塞

・脳梗塞とは:

 脳の血管がつまって(閉塞して)しまうことで、その血管が血液を送っていた部分の脳の全部あるいは一部の細胞が死んでしまい、機能しなくなることをいいます。大きく分けると、3つのタイプに分類されます。
*アテローム血栓性脳梗塞:脳血管(頚部から頭部にかけての太い血管)の壁に動脈硬化症などによる血栓(血液のかたまり)が付着して、大きくなり、血管がつまってしまうもの。
*ラクナ梗塞: 大きな血管より分枝する穿通枝という細い動脈が閉塞した小さな梗塞。
*心原性脳塞栓症:心臓などから血栓、その他の物質が血流により流され、脳の血管につまって脳梗塞をおこすもの。

・症状:

 つまってしまう血管により症状はさまざまです。運動麻痺、感覚障害、言語障害、めまい、視力・視野障害、意識障害などです。大きな血管が閉塞し、脳が広範囲に障害されたり、脳機能の中枢である脳幹部への血管が閉塞したりすると、強い意識障害や、時に死亡することもある危険な病気です。

・診断:

 CT…勘弁かつ、同様の症状を呈する脳出血との見極めを行います。
 MRI,A…病気の拡がりや、治療による回復を見込める範囲の評価を行います。また、責任病変の局在も判断する事が可能です。 

・治療:

 完全に血流が途絶え死んでしまった脳細胞を救うことは残念ながらできませんが、わずかな血流によりその周囲に生き残った脳細胞を少しでも救うことが治療の目的です。
このページでは、急性期の治療のみご紹介致します。脳梗塞の基本病態として頚動脈狭窄・閉塞や頭蓋内血管狭窄・閉塞に関しましては、各ページを御参照下さい。
急性期治療:脳卒中内科の先生と協力して治療に当たっています。発症からの時間が大事な病気であり、発症から早い時期に治療を開始する事が大事です。上記の症状を認めた場合には、少し様子を診よう、明日まで待とう。では無く、救急での受診が必要です。
*血液を溶かす薬による点滴加療:rt-PAという薬を使用しますが、発症から4.5時間以内に開始しなければ効果がありません。
*カテーテルによる治療:血栓を取り除く事で血の流れを再開させる治療です。発症から6時間以内に治療が成功しなければ効果がありません。

血栓回収を行う事により閉塞していた血管が再開通。症状の改善を認めた。

血栓回収を行う事により閉塞していた血管が再開通。症状の改善を認めた。


この様な血栓が回収できる場合もあります。

この様な血栓が回収できる場合もあります。

ページの先頭へ トップページへ