埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科 | これからの研修医へ先輩研修医からのメッセージ

研修案内
これからの研修医へ先輩研修医からのメッセージ

後期研修医A:

学生時代より興味を持っていた脳神経外科を学ぶべく当科の門を叩きました。当科は脳卒中外科、脳血管内治療科、脳脊髄腫瘍科の3診療科から構成されていますが、どの科でも多彩な症例を、数多く経験できるということが魅力でした。また、私たち若手医師の教育も熱心に行われており、自分が努力した分だけチャンスもあり、諸先輩方が生き生きと仕事をしている姿を目の当たりにして当科での後期研修を決意しました。
各診療科で力を入れている部分は様々ですが、手術手技や救急対応からacademicな分野まで、脳神経外科医として必要なスキルを万遍なく研修することができます。全国トップレベルの先生方の指導を受けられることはもちろんですが、他大学からfellowとして毎年数人の先生方が派遣されており、埼玉医大にいながら他大学の文化、作法なども吸収できることも大きなメリットとして感じられます。また、シニアレジデントも埼玉医大の卒業生、他大学出身者が同数程度いて、出身による区別などは一切ありません。さらに国内・外の学会への参加も大きなサポートがあり、若いうちから発表の場を多く経験することができます。
入局の際は3科の中から主科を選びますが、専門医取得までは変更することもできます。漠然と脳神経外科医になろうと考えている方から脳神経外科の中の専門まで心に決めている方まで、充実した研修が行える環境であると思います。ぜひ一度見学に来てみてください。

後期研修医B:

 学生のころから脳血管内治療に興味を持ち、また緊急症例の対応もきちんとできる医師になりたいと思い脳外科を選びました。当科は専門分野でそれぞれの診療科があり、どの分野もエキスパート集団であるという点にメリットを感じました。各診療科をローテートできる研修プログラムは各専門分野の最新の治療や知識を得ることができ、非常に魅力的であり、当科を選択しました。
 各分野で必要な知識、手技、考え方をみっちり学ぶことができており、この施設で後期研修を初めて本当によかったと毎日感じています。手術手技はもちろんのこと、術後管理や画像診断、内服薬調整などをしっかりと行い、脳神経外科疾患患者の診断から治療、その後の管理をきちんと行うことのできる医師を目指して勉強しています。日々精進していくつもりですので、一緒に働ける同志が増える事を楽しみにしています。

初期-後期研修医C:

 脳外科医になるために初期研修から当院でお世話になっています。
 当院は癌・心臓病・脳卒中に特化した病院であり、各領域を牽引する先生方が多数在籍されており、症例数や指導医数は全国でも指折りです。症例・指導医の数が多いにも関わらず、レジデントが関わる症例数が多い事が、当院を選択した理由の一つです。
 当科は、脳脊髄腫瘍科、脳卒中外科、脳血管内治療科に細分化され、各診療科で特色のある高度な医療を提供しています。当科のシニアレジデントは、これら3診療科に加え、埼玉医大病院脳神経外科、提携している市中病院を一定期間ローテーションします。各診療科、市中病院の特色ある医療を学べることも、当科の魅力です。
 脳外科医として無知な私を、指導医の先生方はとても熱心に指導してくださり、日々感謝の気持ちと、一日の短さを感じながら過ごしています。
 兎にも角にも、文書では伝えられない魅力が山ほどあるので、少しでも気になった先生方がいらっしゃれば、ぜひ見学に来ていただき、当院での雰囲気を肌で感じて頂ければ幸いです。

後期研修医D:

 脳神経外科を希望した動機としまして、他の科の医師が手を出せないような領域に将来就きたいとの考えが最初にあり、特に手技的な面で強くそのような気持ちがあり、脳神経外科に決めました。見学した際、当科にて仕事をしている脳神経外科の医師全員が仕事に関して充実した日々を送っており、表情にそれが出ていたと思います。
 当科を選択するにあたっては、専門医をとるにあたりローテーションシステムがしっかりとしており、脳神経外科医として苦手分野が少なくなる環境であること、症例数が多い事が決め手でした。将来的に当科での研修をする事で、自分の実力を上達させる事ができ、脳神経外科医、そして脳卒中専門医師として活躍できると確信しております。
 症例数は多いですが、1例1例に目標を持って挑み、こなすだけで終わらないよう1例で得られるものを多くすることを心がけています。手術をメインに仕事ができる環境に身を置く、あるいはそういった環境を作り、手術を中心にした仕事をしたいと考えている方には、当院での研修が適していると感じています。

後期研修医E:

 当院は地理的要因もあり、埼玉西部地区の症例が一手に搬送されて来る環境にあります。その為必然的に医師に対する患者数が多く、様々な状況での医療を学ぶ事が可能と考え、後期研修以降の研修先として希望しました。
 診療科が独立する事で専門性を高めながら、横のつながりも非常に強く、十分な経験を後期研修中に積むことが魅了です。脳神経外科医として、将来的にどこに行っても良い医療を提供出来るようになるためには、非常に恵まれた環境と感じています。
 他院で初期研修を行っていたため、当初は慣れるのに必死でしたが、研修診療科上級医の先生はもちろん、他診療科の先生も懇切丁寧に指導下さり、自然に業務に関わる事が出来ました。また医療従事者全てにおいて、患者様中心とする概念が浸透しており、非常に情熱を感じる日々を過ごしています。
 艱難辛苦は当然あるでしょうが、この地で修練を積むことで少しでも患者様のお役に立てる医師に近づく事ができると確信しております。

脳外科研修奮闘記

 
当科にて研修を終了し、現在 血管内治療科:根木先生が執筆した【脳外科研修奮闘記】が、『脳神経外科速報』に掲載されました。
脳外科研修奮闘記1 脳外科研修奮闘記2 脳外科研修奮闘記3
ページの先頭へ トップページへ