埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科 | シニアレジデント(後期研修医)募集について

研修案内
シニアレジデント(後期研修医)募集について
 当院の脳神経外科の特徴は、圧倒的な症例数とそれに裏打ちされた高い技術および専門性にあります。
 埼玉医科大学国際医療センターにおいては、脳脊髄腫瘍、脳血管障害、重症頭部外傷を、それぞれ包括的がんセンター脳脊髄腫瘍科、同救命救急センター脳卒中外科ならびに脳血管内治療科、および同救命救急センターが扱い、埼玉医科大学病院脳神経外科では機能的脳神経疾患、慢性疾患や小児疾患を担当し、主に微小血管減圧術と深部脳刺激などの手術をおこなっております。
 
 当院における研修プログラムでは職業教育として臨床実地の重要性を認識していただき、十分な経験と豊富な手術症例にて高い専門性を有する指導医のもと、次世代を担う脳神経外科医の育成を行っています。

まず、日本脳神経外科学会専門医取得をめざすことになりますが,日本脳神経外科学会研修プログラムに則って、経験豊富な指導医より高度の研修機会を提供しています。埼玉県は全国的にみて医師数が少ないためく、脳神経外科に関しても例外ではなく,後期研修を行うのに十分な症例数があります。また、社会的にも当センターの役割が非常に期待されているところであり、脳神経外科医としてのスキルを得るには良い研修施設と考えております。当教室おける医局員医師は日本全国の大学より優秀な諸氏が集まっており、脳神経外科専門医を目指す先生に自信をもってお勧めします。

 基本診療科として脳神経外科は非常に幅のひろい分野を扱っており,国際医療センターにおいては、脳脊髄腫瘍、脳血管障害、重症頭部外傷を、それぞれ国際医療センター包括的がんセンター脳脊髄腫瘍科、同救命救急センター脳卒中外科ならびに脳血管内治療科、および同救命救急センターが扱い、大学病院脳神経外科では機能的脳神経疾患や慢性疾患、小児疾患を担当,主に微小血管減圧術と深部脳刺激をおこなっております。

尚、埼玉医科大学国際医療センターのホームページのシニアレジデント募集に関する各科紹介の欄(http://www.saitama-med.ac.jp/kokusai/kenshu/senior_program_PDF/special/2016noushinkeigeka.pdf)でも詳しく紹介されておりますので併せて御覧ください。

(スケジュール:週間研修予定)

手術日:月〜金
脳腫瘍多職種カンファレンス(放射線腫瘍科、リハビリテーション科、月1回)、
脳腫瘍カンファレンス(放射線腫瘍科、週1回)、
脳腫瘍病理カンファレンス(病理診断科、月1回)、
神経救急カンファレンス(救急医学科、毎日)、
脳卒中カンファレンス(脳卒中内科 週3回、リハビリテーション科 週1回)、
脳血管内治療症例検討会(放射線部技師,医師補助事務員,看護師、週1回)

基幹施設

埼玉医科大学国際医療センター 脳神経外科
研修施設:
埼玉医科大学病院脳神経外科
埼玉県立循環器・呼吸器病センター脳神経外科
美心会黒沢病院脳神経外科

関連施設

岡山大学大学院脳神経外科
旭川赤十字病院脳神経外科
防衛医科大学脳神経外科
東京女子医科大学東医療センター脳神経外科
済生会熊本病院脳卒中センター脳神経外科
横浜市立大学大学院医学研究科脳神経外科学
杏林大学医学部脳神経外科
中村記念病院脳神経外科
国立循環器研究センター脳神経外科
東京都立神経病院脳神経外科
東京都立多摩総合医療センター脳神経外科
水戸ブレインハートセンター
小川赤十字病院脳神経外科
秩父市立病院脳神経外科
埼玉医科大学総合医療センター脳神経外科
虎ノ門病院脳神経外科
埼玉県立小児医療センター脳神経外科


当院においては専門性の高い研修を提供しますが、医師である前に人として基本的態度、マナー、コミュニケーション能力等総合的な人間性を重視します。各研修医のニーズないし自発性に応じ、学会参加、海外留学、基礎研究等を積極的に推奨するとともに、女性医師のサポートにも力を入れており、女性医師も安心して研修を受けることが出来ます。実際、埼玉医大卒業および他大学卒業の女性医師も在籍しております。

 やる気と覚悟のある研修医皆様を心よりお待ちしております。見学は随時可能ですのでぜひお越し下さい.詳細などお問い合せは、お気軽に下記にご連絡下さい。

連絡先:
埼玉医科大学国際医療センター脳神経外科 世話人
脳卒中外科
中島 弘之(hiroyuki@saitama-med.ac.jp)
ページの先頭へ トップページへ